2005年06月04日

交流戦:対マリーンズ5回戦

<阪神2勝3敗 阪神甲子園球場47,279人>
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
ボビー 2 0 1 1 0 0 0 0 0 4 7
カンビー 2 0 0 0 0 0 0 0 0 3 4

勝:セラフェ(ry (4勝1敗0S)セーブ:コバマサ劇場(0勝1敗17S)
負:EXA(2勝1敗0S)
本塁打:T-
    M:紅(3回10号ソロ)・振らん子(4回12号ソロ)

セラフィニの方が球が荒れ気味やった分、絞れんかったな。
決勝点は4回フランコのインチキ臭いHRやった、いや確かにHRやったんやが、紙一重っちゅうこっちゃ。7回の2死満塁機に無得点やったのが・・・、まあそれは言うまい。
絶好調ロッテに、互角の戦いや!明日はカード勝ち越し頼んまっせ!
posted by 虎縞ぱんつ at 19:05| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(23) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月03日

5月月間MVPに金本知憲選手(セリーグ打者部門)

金本知憲選手は連続800試合フルイニング出場(現在804試合)を達成し、月間最多となる38安打を放ち、打率 .404 の月間首位打者、阪神打線のクリーンアップとしてチームをけん引したことが高く評価されました。9年ぶり2度目の月間MVP受賞となります。
おりしも金本選手は、昨日の対ホ−クス戦で頭部死球を受けましたが、病院で検査の結果軽い打撲と診断され、今日も元気に試合に出場しタイガースの勝利に貢献されました。金本選手は広島からFA移籍後、タイガースナインの精神的支柱となり、多少のケガに負けない強靭な精神と肉体で野球ファンを魅了し続けています。鉄人の名に相応しい金本選手の活躍は、全タイガースファンの大きな喜びであり、祝意を表するものです。
posted by 虎縞ぱんつ at 23:51| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

交流戦:対マリーンズ4回戦

<阪神2勝2敗・阪神甲子園球場 45,392人>
TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
チョコ 0 0 1 0 3 0 2 1 0 7 14
うどん 5 0 1 0 0 0 4 0 X 10 12

勝:藤川世代藤川(2勝0敗0S)セーブ:カコワルイ入場曲(1勝2敗7S)
負:ヤマザキパン(0勝1敗1S)
本塁打:Tやーの(1回5号3ラン)超イマオカ(7回11号3ラン)ヒヤーン(7回4号ソロ)
    Mフランコフルト(7回11号2ラン)

ああ、1勝がこんなに遠いもんやったとは。
何か10連敗くらいした後みたいな気分やな。
でも今岡誠怒りのスリーラン!しびれたわ!
とりあえず勝ったでーーー!

聖地甲子園でホークスに3タテを喰らった我がタイガース。
好調マリーンズを迎え、今日は何としても連敗を止めるという気迫に満ちていた。
1回裏打線が爆発!赤星3BH!シーツタイムリー2BHで先制!2死後今岡のサードゴロを3塁手がファンブルしてオールセーフ!桧山ライト線タイムリー2BHで2点目!続く矢野が左中間越え3ランホームランで一挙5点を挙げ、先発安藤を援護。安藤は3回に連打で1失点するも、その裏昨日頭部死球を受けた4番金本が右中間タイムリー2BHで1点追加!
安藤は5回に3点を失い降板、4連投となる橋本が6回を1ヒット無失点、7回からセットアッパー藤川が登板するも、フランコに2ランを浴び6-6の同点とされた。何とかこれで踏みとどまり、7回裏の攻撃!

関本ライト2BH!
1死後金本敬遠!

マリーンズバッテリーは、何とセリーグ打点トップの今岡勝負を選択した。
端正な選手会長の横顔が、怒りで小刻みに震えていたように見えたのは筆者だけだろうか。
そしてカウント1-1からの3球目、123km/のスライダーがど真ん中へ!

甲子園が震えた!
怒りと勝利への執念が、打球を阪神ファンが待つレフトスタンドへ打ち込んだ!
今岡は1塁ベースを回って、右手を突き上げて吼えた!ベンチへ帰ってからも、彼は笑顔一つ見せなかった、誠は虎になった。続く桧山もライトスタンドへソロ弾を打ち込み、10-6と再びリードを奪った。
8回藤川の後を受けたウイリアムスが押し出しで1点を失い、尚2死満塁のピンチを久保田がベリーを三振に斬って取り、9回は三者凡退に抑えて連敗を3で止めた。

ヒーローインタビューの時、今岡の声が震えてたな。屈辱の三連敗、そして屈辱の敬遠勝負、この不世出の天才打者の胸に何が去来してたんやろう。球場を埋めた虎党、いやテレビやラジオの前で観戦していた全国の阪神ファンと心が通った瞬間やった。
先発が崩れ、中継も苦しい投球が続く中、選手会長の闘志は全ナインに伝わった事やろう。苦しいチーム状況の中、好調ロッテに打ち勝ってまた一つ虎は大きく成長した。
ありがとう今岡誠!ありがとう阪神タイガース!
posted by 虎縞ぱんつ at 21:19| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(24) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

交流戦:対ホークス6回戦

<阪神2勝4敗 阪神甲子園球場42,976人>
TEAM    1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H
天神さん  0 3 2 2 0 0 0 2 0 9 10
えべっさん 0 1 0 0 3 1 0 0 2 7 13


敗:おはぎ(2勝7敗)
勝:フェ(ry (1勝1敗) セーブ:サトマコ(0勝0敗1S)

本塁打:T敷布(9回7号ソロ)
     SH城南電気(2回1号3ラン)・首に荒縄(3回22号2ラン)
       ジョージマッケンジー(8回13号3ラン)


福ちゃんでも井川が持ち込んだ負のオーラは消せんかったか。今日は雨天中止やと思ったが、天も味方せんかったな。最後に見せ場は作ったんやが、負けでは何にもならんわな。球児を投入して勝利への執念は見せたが、城島に出会い頭をやられて完全に逆効果やった。しかしそう悪い球でも無かったな、あれは打った城島を褒めなあかん。
どんな強いチームもシーズン中に一度は通る泥沼やな、そのキッカケを作ったんが、エースと呼ばれた男やったから、そら痛いわな。しかも聖地甲子園を蹂躙されて、悔してしゃあない。我々がこんなに悔しいんやから、選手はもっと悔しいやろ。この悔しさをバネに、監督、コーチ、そして選手が一丸となってチームを立て直して貰いたい。
しかし金本への頭部死球にはヒヤッとしたわ、幸い大事無さそうやが心配や。2球続けてあんな球投げたらいかん、三瀬投手とホークスベンチには苦言を呈しておかなあかんな。

まだまだや、前を向いて行こう!タイガース!

しかしホークスというチーム、桁外れやな。あれだけパワーヒッターを並べて、外人ばかりやない、城島、松中もものすごい身体しとるな。おまけに巨人と違って小技も使ってくるし。タイガースは金本、今岡以外にホームランバッターがおらんのは辛いわ。何とかせなあかんなあ。これで2003年日本シリーズのリベンジは失敗した、この悔しさを晴らすにはリーグ優勝して再び両雄決戦するしかない訳や。大きな目標ができたで!
posted by 虎縞ぱんつ at 22:12| 東京 ☔| Comment(4) | TrackBack(22) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

交流戦:対ホークス5回戦

<阪神2勝3敗・甲子園球場45,269人>
髪切れよ 112 040 310 12
髪切れよ 000 002 030 5

勝:エース様(5勝0敗)
敗:メジャーリーガー(4勝3敗)
本塁打:Tモナ(8回10号2ラン)
    SHずれ
        た(2回17号ソロ・7回18号ソロ)
     ふさふさ(3回21号2ラン)ジョージマッケンジー(8回12号ソロ)

悪い流れを切ろうとして6回から江草を投入したが、あかんかったな。江草にはホンマに悪い事したわ。牧野はあの点差でもあかんかなぁ、当分敗戦処理やな。
今まで我慢して来たけど、今日は言わせてもらうわ。井川よ、先発が5回8失点では試合にならんわ。また「調子は悪くなかったんですが、チームが負けて残念です」か。アホぬかせ、信頼して起用している監督や、チームメイトや、何より大甲子園に詰め掛けたファンへの謝罪と反省が先やろ。ベストを尽くしての敗戦なら何も言わん、そやけど明らかにやる気がないやろ。オフのメジャー移籍騒動でチームの和を乱して、今またペナントレースの足を引っ張る気つもりか。今までの4勝も、打線の援護あっての事や、決して自分独りで勝ったんと違うで。
井川よ、調子が悪いんやったら自分から2軍調整を志願せい。こんな事を言いたくはないが、その鬱陶しい髪を切って出直せ。おしゃれのつもりかも知らんが、磨くなら外見より心が先やろ。おかしな取り巻きなんぞ切り捨てて、一から出直せ。2002年がピークやったなんて思わせんでくれ。それでも1軍に居座るんやったら、もう何も期待せん。エースやと思うさかいウチらも腹立つんや、ローテの谷間と思えば勝って儲けモン、負けてもどうでもええわ。

明日は雨かいな、頭冷やすにはええ雨やな。
posted by 虎縞ぱんつ at 22:02| 東京 🌁| Comment(5) | TrackBack(22) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

交流戦:対ホークス4回戦

<阪神2勝2敗・甲子園球場・46,344人>
おすぎ000 000 200 2
おすぎ000 000 000 0

勝:ブルガリア(8勝1敗0S)
敗:藤川世代(2勝4敗0S)
本塁打:SHずれなかった(7回16号2ラン)

SHのチームカラーって黄色やったか?まあFDHの名残という事で。
杉内、杉山の杉さま対決で始まったこの試合、両投手の好投で息詰まるような投手戦にとなった。杉山も8回2失点と素晴らしい内容だったが、2安打10三振で三塁すら踏ませずと、ピンチらしいピンチの無かった杉内に軍配。一方杉山は7回のズレータから2点本塁打を浴びたのが痛かった。でも8回2失点は見事、敢闘賞をあげたい。しかし杉内はええ投手やなぁ、大嫌いやけどなw
これで交流戦甲子園無敗は途切れた、また3連戦の初戦をまたしても落とした。まあこれについては勝ち越しの吉兆という事にしておこう。あとハシケンお帰り♪
明日は負けへんで!
posted by 虎縞ぱんつ at 20:37| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(21) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月30日

交流戦:対ゴールデンイーグルス6回戦

<楽天1勝5敗>
001100020 4
000000000 0

勝:わんわんワールド(6勝0敗0S)
敗:祈祷(0勝1敗0S)
<フルキャスト16,230人>
神楽対決最終戦、両軍先発はロートルベテランの下柳と紀藤。下さんは円熟のピッチングで6回を無失点、藤川、ウイリアムス、久保田と繋いで完封リレー。打線は3回藤本犠飛、4回桧山タイムリー、8回金本2点タイムリーで4点を挙げた。阪神は連勝で貯金を7とした。

今日の試合は見てないんやが、テキストで経過を追う限り、守備の差が出たみたいやね。3回裏の藤本、9回の赤星、今岡、鳥谷も随所に好プレー。対する楽天は8回のショートエラーが駄目押しの追加点に繋がった。しかし楽天は良くなったね、粘れるようになったし投手も試合を作れるようになった。少なくとも以前のような一方的な負け方はせんようになったね。これからはかなりええ戦いが出来るんやないの。
さあ、明日からは甲子園で6連戦や!頑張ってや!
posted by 虎縞ぱんつ at 22:43| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(5) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

対楽天ゴールデンイーグルス5回戦

お好み 300200220 9
牛タン 000110031 6
勝:茶(3勝0敗0S)
負:クマー(3勝6敗0S)
本塁打:T鉢(8回13号ソロ)
    E鷹野(4回3号ソロ)必要崎(8回4号ソロ)・鷹野(8回4号2ラン)

昨日まさかの敗戦で楽天に4連勝目を献上したタイガース。今日は初回から相手エース岩隈から今岡、桧山の連続タイムリーで3点ゲット!久々先発のブラウンを援護する。ブランウンは毎回ランナーを出しながら要所を締めるも、4回出会い頭に鷹野から被弾。5回、変わった徳元から無死1、2塁と追加点のチャンスも、残塁祭り開催で無得点。5回裏には関川2ベース、高須タイムリーで2点目を取られてしまった。6回から江草が登板、7回、8回にそれぞれ2点づつ加え、8回裏から中継に回った能見がマウンドにあがるものの、ソロ、2ランと続けざまに被弾し3失点、結局1アウトも取れずに藤川がスクランブル登板して後続を断った。9回には守護神久保田が登板、しかし劇場開始でロペスにタイムリーで1失点、なお1死2、3塁のピンチも2者連続三振でタイガースが勝利した。

ちう経過やったが、ブラウンは何とか試合を作って何よりやったが、能見が大誤算やった、おかげで球児を使うハメにw 日ハム戦で完投してからちっとリズムが狂ったんちゃうかなぁ。何と言ってもルーキーやし、力のあるピッチャーやから一度ファームで調整して出直した方がええかもね。久保田はだんだんネタ化しとるなぁ、しかし他球団を見ても絶対的なストッパーは岩瀬(D)くらいで、コバマサ(M)や中継に回ったが五十嵐(S)も被弾癖があるな。三瀬(H)もこの前の中日戦で炎上したし、守護神の受難は当分続きそうやなぁ。
明日は下さん先発やね、きっちり勝って甲子園でホークスを迎え撃って欲しいもんやね。
posted by 虎縞ぱんつ at 14:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

虎系ブログオープンしました

筆者は1978年以来の阪神タイガースファンでありまして、この間2回のリーグ制覇、1回の日本一と、長い長い「暗黒時代」を経験致しました。どっちかと言うと「暗黒」の方が大半なんですが、それだけに2003年の18年ぶりのリーグ優勝は喜びが爆発したもんです。カリスマ監督星野仙一氏が勇退し、バトンを受けた岡田彰布監督が指揮を執った2004年は残念ながら4位に終わりましたが、若い力が台頭しつつある我がタイガースは、再び暗黒時代の轍を踏むことはないと確信しとります。
以前から個人の日記系ブログでタイガースの記事を書いていましたが、余りにも阪神の話題中心でそのブログの主旨を逸脱してしまいましたので、独立してこのブログをスタートします。
チームは5月30日現在、貯金6のセリーグ首位と好調を維持しており、これから交流戦のヤマ場である対ソフトバンク、対ロッテ6連戦を本拠地甲子園球場に迎え撃ちますが、やがて来る実りの秋を信じ、辛口も交えながら応援して行きたいと思っています。
トラバ、コメント大歓迎です!
posted by 虎縞ぱんつ at 13:35| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。