2005年07月18日

セ・リーグ第10節:対ベイスターズ10回戦

<阪神7勝2敗1分 阪神甲子園球場47,275人>
元町 000 000 000 0
元町 000 010 02X 3

勝:加藤茶(4勝0敗0S)
セーブ:クボタさん(3勝2敗17S)
負:アゴ倉(6勝4敗0S)

GAORAで試合開始から観戦。
飲みながら見てたワケやが、ブラウンが毎回ランナーを出しながらも5回無失点。もう谷間言うたら失礼やな、無傷の4勝目おめでとう!対するベイスターズ先発門倉も素晴らしい内容。見事な投手戦やった。均衡を破ったんは意外な形、1死から藤本のレフト線に落ちる2ベースから、ブラウンに代わる代打片岡の打席で2度のワイルドピッチで1点先制。その後タイガースは登板間隔の開いた球児が6、7回を5三振で無失点、8回にはウイリアムスが登板したが2死1、3塁とピンチも久保田が後を継いで三振ゲット!そのウラ2死から鳥谷の当りはレフトサードショートの中間に落ちるラッキーなヒット、果敢な走塁で2塁を陥れたのは流石や!続くシーツ先生は22イニングぶりのセンターへのタイムリーヒット!、鳥谷またも本塁へナイススライディング!、4番金本が前進守備のセンタ−の頭上を越える連続タイムリーで2点を追加!見事な攻撃や!9回は久保田がランナー1人を出すも無失点で17セーブ目!好調ベイスターズを破ったで!

<本日の三賞>
殊勲賞:アンディ・シーツ/再三のファインプレー&タイムリー
敢闘賞:鳥谷敬/8回シーツタイムリー時の好走塁
技能賞:ジェイミー・ブラウン/粘りのピッチングで

貯金は再び20!
posted by 虎縞ぱんつ at 21:24| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(30) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

セ・リーグ第10節:対カープ11回戦

<阪神8勝3敗 阪神甲子園球場>
粗い 000 000 000 1 1
金本 000 000 000 0 0

勝:ナガカー(3勝4敗2S)
セーブ:赤劇場(2勝0敗10S)
負:undo(4勝5敗0S)
本塁打:月は東出(10回1号ソロ)

昨日から所用で出掛けており、携帯で経過をチェックしていたのだが、、、、

安藤ナイスピッチング!

打撃陣は先日の福原といい、借りが出来たな。今度は大量援護頼みまっせ!


posted by 虎縞ぱんつ at 15:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。