2005年07月16日

セ・リーグ第10節:対カープ10回戦

<阪神8勝2敗 阪神甲子園球場47,296人>
呉海軍工廠 000 001 001 2
大阪海兵団 020 030 00X 5

勝:君のハートはマリンブルー(5勝4敗0S)
負:フリッパーズギター(5勝8敗0S)
本塁打:赤ゴジラキタワァ(9回14号ソロ)

今日はCS・GAORAで試合開始から観戦。タイガースは杉山、カープは小山田の先発。
タイガースは2回、無死1、2塁から矢野のレフト線タイムリー2BHで2点を先制。5回にはまたもや無死満塁の好機を作ると、今岡の犠飛で1点、桧山の1ゴロをC野村が本塁に送球したが野選となってシーツが掻い潜って生還で1点、さらに藤本が右中間にタイムリーを放ち、この回3点を加えた。杉山はヒットとワイルドピッチで1失点、この後7回までマウンドを守る。8回からウィリアムスが、9回から久保田が登板。久保田は嶋からソロ弾を浴びるも反撃を断ち、タイガース勝利!

杉山は課題の立ち上がりを、何とか気力で克服したな。後は完投できるバランスを身に付けて欲しいもんや。8回ジェフ、9回久保田が登板したんは、杉山の球が高くなりつつあった言う事もあるんやろけど、この2人は登板間隔が開くと球が浮く傾向があるからな。案の定打たれた訳やし、まあ明後日から好調なベイスターズ戦となる事も考えると、調整登板して正解やったな。打線は昨日サッパリで最後に儲けもんの内野安打で先発全員安打の列に加わった矢野が、今日はいい所でタイムリー。こういうんが今のタイガースの強さやろね。誰かが調子悪くても、誰かがカバーする。これが続く限り、快進撃はまだまだ続く、おそらく最後までな!おっと、堅実な守備も見逃せん。カープのショート東出は、今日2度の悪送球でランナーを出し、これが失点に繋がっている。鳥谷は8回表、難しいバウンドを捌いて併殺に仕留め、また9回には藤本がライトへ抜けそうな当たりを好捕して2封。昨日の中村豊の守備といい、こういうプレーが確実に勝利を呼び込むんや。対するカープは、やはり最下位に低迷するだけの事はあるなぁ。怪我人が多いとか同情すべき点もあるんやが、戦う気力が違いすぎるな。悪いけど、こういうチームに負けるわけにはいかんのや。昨日大勝して、大味になる懸念もあったが、正田、和田両コーチの指導もあって、チャンスを確実にモノにした。明日も大入満員確実の甲子園、大観衆の前で連勝や!

今日までの成績:52勝32敗3分
貯金20!!!

<本日の三賞>
殊勲賞:杉山直久/7回1失点の好投で5勝目
敢闘賞:藤本敦士/好機にタイムリー&守備で貢献
技能賞:矢野輝弘/技ありの先制タイムリー
posted by 虎縞ぱんつ at 21:49| 東京 🌁| Comment(4) | TrackBack(41) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。